運行前点呼の実施

【アルコールチェック】
弊社ドライバーは、運行前及び運行終了後にアルコールチェックを義務化し、飲酒運転ゼロ必達の上、お客様へ安全を提供できる体制を継続しております。
【点呼実施事項】
運行管理者は弊社ドライバーに対して、体調等健康管理と運行に関する注意点について伝達を実施しています。天候や交通情報など安全運行に必要な情報をドライバーに理解してもらい、当日の状況に即した安全運転を行っております。
【安全運転重点項目呼称活動】
運行前点呼時に、長年積み上げたノウハウをまとめた弊社オリジナルの安全運転重点項目を呼称し、安全意識をさらに高めた上で乗務に臨んでいただくよう活動しております。

バスの車両点検・整備

安全を確保の1つに、車輌の安全は必須です。特に乗務前は車輌点検を必ず行い運行管理者・整備管理者へ報告を義務付けております。法定に基づく3ヶ月点検、年に1回の車検はもちろんですが、運行中にドライバーが不具合に気づいた際は、各管理者との報連相を行い、管理者とドライバーが協働の精神で対処する体制を継続しております。

安全講習

弊社ドライバーが集合研修を行う形式で実施しております。主に「安全運転」「接客品質」の2つのテーマをもとに研修会を行っております。例えば、弊社で発生した事故も事故事例として匿名列挙させ、ドライバー全員が同じ過ちを起こさないための予防措置を図るノウハウ共有も行っております。また、運転業務が習慣である私たちにとって忘れがちな安全運行や接客の基本知識も、何度も振り返りができるような研修内容で構成されているため、安全と安心の基本に立ち返りつつ自分自身への意識醸成を図ることを目的に継続・実施しております。

画像変更

バスドライバーへの安全講習の様子

ドライブレコーダーの設置

弊社タクシー車両には全車にドライブレコーダーを設置しており、もし、起こってはならない事故が発生した場合、どのような環境が要因となって事故が発生・誘発したのかを振り返ることができる研修体制を整えております。ドライブレコーダーの全車導入によって、従来のドライバーに安全意識に対する「気づく力」の醸成に貢献でき、さらに、他のドライバーへのヒヤリ・ハット研修への活用も図っております。
さらに、ドライブレコーダーによる状況証拠の見える化によって、自動車事故とは関係ない品質事例が発生した場合にも、お客様だけでなく、ドライバーの安全を確保することも、人の命を背負う弊社の任務として管理・活用しております。

観光地

SAFTY BUS認証の取得

貸切バス事業者安全性評価認定制度とは、日本バス協会が貸切バス事業者からの申請に基づき安全性や安全の確保に向けた取組状況について評価認定を行い、公表するものです。この「SAFETY BUS」(セーフティバス)マークは、安全に対する取組状況が優良で、安全に対して弛まぬ努力をし続けているバス会社であることを示します。その制度に於いて、おおすみ観光は評価認定を受けており、今後も安全に対して弛まぬ努力を続けて参ります。